HOME > 子ども理解のための連続講座 > アンダンテ〜稲の旋律〜【北部コミュニティセンター】

アンダンテ〜稲の旋律〜【北部コミュニティセンター】

参加案内

案内

  • 開催日時:2010年10月31日(日)①午前10時〜 ②午後2時〜
  • 会場:北部コミュニティセンター

チラシのPDFデータをダウンロードできます

コメント

私の娘が不登校していた頃、次々と起きた事と重なる様に観ていました。
とてもいろんな内容が詰まっていて、想い返すこともいっぱいで、涙もいっぱいでした。感動と愛をありがとう。

匿名

子どもを持って、子どもに自分の生き方を考えさせられているので、すごく心に響きました。

匿名

とてもよい映画でした。いくつものテーマにそれぞれ重要性を持ち、日本人のすべてに観て、考えて、今の暮らしぶりを反省しなくてはと思います。映像も美しい、助演の芸達者と初々しい主役たちの配置が効果的です。

匿名

人が、自然と人とのつながりで再生していく様子が伝わりました。踏み出していく勇気を持っていたこと、それにこたえてくれる人がいたことがつながっていったんだと思いました。

匿名

一時間半かけて観に来たかいがありました。ありのままでいると思うまで自分も含めて家族もまわりも時間のいることだと思いますが、時間がかかっても、そうできると幸せかな。

匿名

感動です。田舎(田んぼ)の風景、それぞれの人の動作、ことば使い、どれをとっても自然があふれていましたね。人間もゆったりとしてれば、きっときっと前に進めますよね。ありがとうございました。

匿名

試写会を観せていただき、2回目を友人たちと観に来ました。知らず知らずに涙が出てきました。良い映画だと思います。俳優さんたちも明るくて、主題は深刻なテーマですが、前向きに進んでいく勇気を与える映画だと思いました。主人公の新妻さんもきれいでかわいらしくて、終わりの歌は何度聞いても感激です。心が洗われる唄声です。ありがとうございました。

匿名

小説(稲の旋律)を読んでいますが、映画と比べることは別問題です。多少引きずられる感想になるかもしれませんね。日本の農業の問題と効率主義追求の企業社会の問題として日本社会に投げかけられた核心を物語っていて、映像は文字とは別の深い感動を呼びました。主人公は人間の真実を獲得しようと闘っています。自分の意見を持って、アンダンテに生きていきたいです。64歳! まだ遅くないですよね。

匿名

日本の農業問題とひきこもりの実情がうまく重ねられており、生きるということを深く考えさせてくれる映画でした。映画としての出来ばえもとてもよく、感動的でした。

匿名

久しぶりに心から感動する映画と出会えました。涙が止まりませんでした。今、ひきこもりの人が増えているのは、家族はもちろん、社会に対しても大切な事を「気づいてほしい」という事だと思います。ひきこもりの人が、自然に外に出てきたくなるような社会をつくっていきたいです。たくさんの人に観てほしい映画です。

匿名

数年前から産直米(農民連)の共同購入をしています。毎年8月に学習会を行い、日本の農業問題について学んでいます。予想以上に深刻な問題です。でも「日本も世界も気づき始めている」のせりふに同感です。

匿名

久しぶりに心から感動する映画と出会えました。涙が止まりませんでした。今、ひきこもりの人が増えているのは、家族はもちろん、社会に対しても大切な事を「気づいてほしい」という事だと思います。ひきこもりの人が、自然に外に出てきたくなるような社会をつくっていきたいです。たくさんの人に観てほしい映画です。

匿名

ひきこもりの問題も考えさせられたけれど、農業問題をしっかり取り上げていて、全くその通りだと思わされました。自給率が40%だということや、米の値段が下がり続けていることなど…。卵もあのような育て方をした卵はとてもおいしいのです。スーパーで買った卵と自然に育てた卵では、ゆで卵にしても味が違うということを実験したことがあります。自分の国でとれたおいしいものを食べて生きていきたいものだとつくづく思いました。千華の立ち直りも感動的でした。

匿名

感動しました。自然には、不思議な力があるんです。暖かい人間との接触によりすべての自分をOKとして受け止めて生きる勇気がわいてきた様子がすごく伝わってきました。音楽と歌声に心がひかれました。ありがとうございました。

匿名

親や周りに左右されず「ありのまま」の自分でも認めてもらえるような生きやすい世の中になってほしい。

匿名

現代に忘れてきたものを取り戻す時です。単に合理性だけでなく、心の充実、自然との共生、食料の大切さ、「いただきます」を今一度!

匿名

原風景の中で育ちました。重たいテーマを稲穂の風景がとてもやさしく伝えてくれました。静かな感動が残りました。

65歳、女性

ほのほのと心温まる映画でした。アンダンテ…本当にいいタイトルです。私のこれからの人生もずっとアンダンテでいきますようにと念じつつ、この映画のこと、周りの人に話します。

匿名

子どもは親の期待に応えようとしちゃうのよね…。そしてしらない間に、自分を見失って、すべてに自信をなくして、外に出るのがこわくなって…私も体験している一人です。

匿名

やっぱり自然は偉大ですね。不自然の中では立ち直れないから!! 旭爪さん、すばらしい出会いがあり、よかったですね

匿名

お金至上主義、人の心を狂わせてしまった全ての元凶があると思っています。その狂いの大元に一人ひとりが気づき反省することができたら…な。日本にも希望が見えてくると思います。その気づきを与えられる一つの大きなきっかけをつくる映画だとおもいました。ブラボー

匿名

さいごの歌 とっても感動しました。あの CD ありませんか。

匿名