HOME > 学び座 > 学び座(岐阜) 第1回

学び座(岐阜) 第1回

学び座(岐阜) 第1回 参加案内

初回の“学び座”は、企画を立てるところからスタート。まずは自己紹介。そして次回以降のゲストのこと。他にもみんなが思っていること、やりたいこと…などなど、いっぱい、いっぱい持ち寄って、出し合って…。

ワイワイ、ガヤガヤ…何かしらみんなで話せば、何かが生まれる、きっと生まれると思ってる。

  • 開催日時:2010年8月22日(日) 18:00〜
  • 対象:“自分らしい”生き方、働き方を模索している子(小学校高学年〜)ならだれでも参加できます。
  • 参加費用:300円/回
  • 会場:ふれあいの家・長良(1階談話室)詳細はこちら

学び座(岐阜) 第1回 報告

「学び座」が8月からスタートしました。

 この「学び座」は、子どもたちの出会いと交流を中心に据え、「生きること」「働くこと」を一緒に考えていけるようにという「大人」側の思いが先行して、とりあえずの呼びかけになったわけですが、あくまでも主役は子どもたち。

 「おじさん」である僕は、最初の趣旨だけ簡単にお話をして、あとは参加した皆さんにお任せ。僕は、隅っこの方で彼らの話を聞くことに徹しました。 

初めての出会いは、ちょっと緊張…

 初めて出会う人たちが多かった中で、やはり最初はぎこちない雰囲気でした。中学生のMくんなどは、初めからみんなに背を向けて、イスに座ったままマンガを読んだりして、参加する意思などないという態度ありあり。リーダーは、岐阜大学院生の藤井君。(今度「学習支援室」の先生もしてくれます) とりあえず簡単な自己紹介から始まりました。それでも緊張は中々ほぐれません。

 そこで、Fさんが、「みんなが思っていることや話し合いたいこと、話を聞いてみたいことなどをカードに書いてみよう」と提案。15分ほどの時間をとってそれぞれがいくつかのカードを書きます。

manabiza0822.jpg

 それをテーブルに並べ始めた頃から、座は一気に盛り上がり始めました。Mくんもいつの間にか、みんなの輪の中に入っています。

 出てきたカードをそれぞれ、関係ありそうなグループに「これは、『話し合う系』、『これは講師いらない系』『○○系』」などと分けます。他の人が出したカードを見ながら、同じような気持ちを持っていることに安堵したのでしょうか。あちこちからいろんな話題が飛び出します。

 写真では、読めないかもしれませんので、カードの中身を少しだけ紹介しましょう。

 「平和って何?」「“生”だけでなく“死”の話もできる人」

 「本当を見抜ける力とは?」「学び直したい」

 「恋、付き合う…etc…恋愛って?」「結婚生活とは? 結婚したくてもなかなかできないが、みんなは、どう? 」

 「日々の充実した暮らし方」「もっと外出をふやしたい」

 「情報のうまい受け取り方」「動物を飼いたい」

 「はたらくとは」「パソコン好きじゃないけど、覚えなきゃ世の中通用しないし、パソコン入門編って、なかなかそういうの受け入れって少ないョ」

 「夜、眠れない時の過ごし方」「夜、ねる方法」…等々

 本当にいろいろ出てきました。「へぇー」って思うものもいくつかあって、話題もアチコチ飛びながら会話が盛り上がりました。

 「夜、眠れないときは、どうしてるの? 」「不眠友だちとメールしてる」「不眠友だち? がいるんだ…!?」「どうして寝れないの」「夜って、翌日の不安が出てくるんだよね」「夜寝れない人ってそんなにいるの? 」…半数以上の人から手が挙がる(ちょっとびっくり)

 「嫌いなものは? 」「べんきょう」「きらいなものは覚えられない」「弁当食った後の社会の授業」「食べられないこと」「食べるのには気合いがいる」…?

「恋の話をしたいね」「人には誰でもモテ時ってあるんだよね」(Iさん)「Iさんの恋愛経験を聞きたい!!」「こいばな(恋の話)もいいねぇ」そんなところに突然「僕は、コイ(鯉)を飼いたい」ととんだコイ違いの話しも飛び込んだりして大笑い。そして、結局、「恋の前に人と付き合うことがきつい」ということから、次回は「人との付き合い方」をテーマにすることが決まりました。

チラシのPDFデータをダウンロードできます

コメント

コメントはありません。